読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たいらげたら眠る

今ウトウトしてたでしょ?

抜粋

レコメン



ヒ: 丸山さんに感謝メールも来てますわ
マ: おっ ありがとうございます!

ヒ:「以前、相談してみたで電話ぁ 出演させていただいたとき、事前確認でスタッフさんから電話が掛かってきました。(うん) そのときにちょうど丸山サウンドを収録していたのが電話の向こう側から聞こえたのですが、(おんおんおんおん?) 一回止まった思ったら、再び収録し直していました。(はいはい) 一発で収録しているのかとおもったら… はぁ まるちゃんでもしゅうろくし直すんだなぁと、ちょっとかんどうしました… (おー うっせぇ うっせぇや) …いつも難しいリスナーのリクエストに答えてくれてありがとうございました。(おー うっせぇうっせぇうっせぇうっせぇ!)」
マ: あんまゆうなや〜 そういう真面目なとこぉ おいおいおいおいおい パーフェクトな男だろぉ?俺は!一回だよ?なにぃ?き、聞き間違えたんだよ!なぁ
ヒ: おまえ そういうのあるよな ちぃちゃいこだわりあるよなぁ
マ: 台本もしっかり読むしなぁ
ヒ: よんでんのにこのざまやもんなぁ
マ: まぁなぁ おいおいあんまりいうなよ いいすぎるなよっ ちょっとは言っていいけどいいすぎるなよっ



なんだよぉ おまえ はずかしめか







ヒ:「丸山くんがパーソナリティになってから三年、毎週木曜日が楽しみになっていました。(せんきゅっ) まいしゅうさいごにきこえる っはぁ まるやまくんの『おつかれさま』『おやすみなさい』って声が私はだいすきです、(なに笑ろてん) 〜…っすぅ (なにわろてんねん!えー話やんかぁ ) その言葉を聞くたびに (ありがとぉ) 木曜日は仕事が頑張れるようになり (あらっ) また次のもくようびまでがんばろうっておもえるようになりました。(うれしーねぇ うれしぃねぇ) 丸山くん三年間おつかれさま ありがとぉ (ありがとぉ)」
マ: なにわろてんねん
ヒ: わろてないやん なきそうなってんねやんけ
マ: ありがとぉな、しんご (……っきぃ)
しんご、ありがとうな? …なんや、
うれしいやんか うれしいやんか









「でも村上さんがしっかりと受け止めてくれるから、丸山さんが自由に遊べる最大限の力を発揮できる… そんなマルヒナのレコメンが大好きでした。」





マ: あれだねぇ
ゆーとおりやね?
ヒ: んぅ?
マ: ほんまにゆーとおりやね
ヒ: そやろぉな
マ: うん
……きつくくるなよ (っふふ)
ちょっと優しくしろよ!つつみこめよ!