たいらげたら眠る

今ウトウトしてたでしょ?

spirits


最近の更新率が高いのはうまく言葉にならない気持ちをどうにかして言葉にしようと捏ねくり回しているからです。読んでも実にならないような記事ばかりでごめんなさい。矛盾していたらわたしの中身が適当であるのを思い出してください。情緒が不安定です。



村上くんにトキメキ始めたらイフオアを観に行って欲しい。これ以上敵を増やすようなこと言いたくないけど、仲間を増やすためでもあるから言っておきたい。(というか村上さん!マジでチケット取れないんだから一枚も売れてないとかいうのやめてください><ホントに…)



あの日のブリーゼで感じた空気も匂いも村上くんが舞台に向けた目も全部覚えてて、それこそ昨日のことのように思い出しては何度でも恋に落ちています。それくらい、村上信五によるイフオアという舞台は素晴らしい。




そんなこんなで、ここ数日間むらかみさんのことばかり考えていた訳ですが。


なんの前触れもなく話し出すと、大野担が村上くんに落ちる上で千年メドレーは外せないところだと思う。



アイドルを好きでいるとどうしても「このとき既にファンだったら…」と思う瞬間がある。おおのさんを好きでいて、千年メドレーを知ったとき、私は何故もっと早く生まれなかったのだろうかと心底思ったものでした。




spiritsのDVDの村上さんは本当にかわいい。
大好きなお姉さんから「これ(私に)みせたらしんじゃうんじゃ…」って心配されたくらいかわいい。村上くんっていうよりヒナちゃんって感じがする、そんな若かりし頃のエイトのライブで。千年メドレーを歌い踊っていたのは他の誰でもないヒナちゃんだった。



そのときの衝撃ったらなかったのだけど。
おわん on Twitter: "千年メドレーだいすきなの、届いたDVDの裏のセトリ 曲名みつけたときから誰が歌うんだろうってドキドキしてて、いざみたら村上さんがひとりでずっと踊ってた あんまりびっくりして わたし、ゆめをみてるのかとおもって…"





「千年の夢 飾りあかそうか」

元々の千年メドレーがどんなものなのかはうっすらとしか知らない。
私が初めて聴いた千年メドレーは東山さんのものでも、光一くんのものでもなく、大野さんの千年メドレーであったから。語弊を恐れずにいうとすれば私の中では長い間おおのさんの曲だったのです。あの暗闇からすうっと浮かび上がるように躍り狂う姿しか知らない。後ろ手にいるものじゃなくて、メインであるそれを見たときの脳が痺れる感覚は忘れられない。本来なら知ることができないはずのそれを、こっそり胸の奥にしまい込んだ日から。わたしのなかでずっと燻っていたこの曲。




アレンジがかなり効いているのでしょうか、でも確かにそれは私の知っている限りの千年メドレーでした。この前のレコメンで丸ちゃんがダンスのこと褒めてくれてたけど、この曲の躍りも村上くんによく似合う。

なんにもダンスの知識なんてないなりに思うのが、決めをみせるのが上手で、手足が長いから大きい振りが良く映えて、でもとても繊細で色っぽい村上さんのダンス。「歌は気持ち」といつも本人が言っているように歌も踊りもみていて思わず惹き込まれてしまうような魅力が村上さんにはあると思ってる。




全く違うもののようで、芯は同じなのだろう千年メドレー。先輩は偉大なり。素敵な曲をありがとうございます… ちゃんと今度いろいろみて勉強したいなあ。





最後に改めていま思ったことを叫んでこの記事を終わりにしたいと思います。


フローズンマルガリータのマルチアングルが見たい!!!!!!!